成長ホルモン

成長ホルモンをアンチエイジングで活用

成長ホルモンというのは、子供が大人に成長する時に表れると言われていますが、大人になってからでも成長ホルモンは身体の様々な代謝調節をしてくれるって知っていましたか?
成長ホルモンの効能は、骨や筋肉を作る、身長を伸ばす、代謝作用、アンチエイジング(老化防止)です。
代謝作用はいくつもの私達の体に良い事をしてくれるのです。

例えば、
・筋肉量を増やすと基礎代謝が上がって太りにくい体質になります。
・コレステロールや体脂肪を減らすことで脂肪分解の作用でダイエット効果がアップします。
このような代謝作用で若々しい身体をつくりアンチエイジングできるのです。

そして女性に嬉しい「肌と成長ホルモン」の関係を説明してみますね。
若々しい肌には弾力のあるたっぷりの水分量で満たされた肌ですよね。
そのみずみずしい肌を作るには美肌成分のコラーゲンやヒアルロン酸ですが、ストレスや紫外線などの外的刺激を受けて美肌成分はダメージを受けているんです。
そこで、そんなダメージな肌を修復して肌を整えてくれるのが成長ホルモンなんです。
成長ホルモンの分泌がそのまま美肌になれるのです。

その美肌になれる「成長ホルモン」が分泌されるのが睡眠に入って30分ぐらいが成長ホルモンの分泌量は最大になります。
運動後の休息になってから3時間以内が分泌時間らしいです。
でも成長ホルモンを促進するのには特別な事をしなくても規則正しい生活をして、バランスのとれた食事を摂り、適度な運動をして過せば成長ホルモンは分泌されます。
そして自然とアンチエイジングができてくるのです。

このページの先頭へ